トレンドNEWS 政治

10万円給付は全額現金での対応も自治体の実情に応じ可能に!

 

10万円給付は5万円のクーポンと現金での給付だが全額現金も一部可能!

18歳以下の国民を対象とした10万円給付については原則5万円分のクーポンと現金5万円の給付としていますが、自治体の実態に応じて全額現金での支給も可能であることがわかりました。

各自治体の事情に応じるということですので場合によっては現金での支給もあり得ます。

しかし、その一方で現金一括での支給は想定していないと発表しています。

個人的には現金一括での支給が理想ではありますが、消費せず貯蓄に回ってしまうとお金が回らないので現金とクーポンという支給方法のほうがいいと思います。

しかしながら、クーポンなどの使い方がわからない、どこで使用できるのかわからないという方もいるでしょう。

政府は基本クーポンと現金での支給をしたいと考えていると思いますので現金での支給をする自治体は少ないと思います。

新型コロナで苦しんでいるのはお年寄りだけではなく若い人も苦しんでいる

新型コロナウイルスの蔓延で学生や若い人たちの行動はかなり制限されました。

特に新型コロナが流行した際には若い人たちが往来するからウイルスが蔓延するともとれるような発言をしている人もいました。

悪者扱いされそれに腹を立てている若者の声がネット上でも激しく飛び交っていました。

確かに若い人たちのほうが行動力があるので行動範囲が広くウイルスを保持している状態で県をまたぐ移動をする可能性はあります。

しかし、往来するという点ではどの年齢層も同じです。

若い人たちの中には感染対策をしていなかったり、マスクをしていない人もいました。

ですが、お年寄りの方もマスクをしない人はいます。

呼吸がしにくいという理由で仕方なくつけないという方もいますが、それは若い人も同じです。

マスクをしていない若者と年配の方がいた場合若者のほうが非難される傾向にあったと思います。

条件は同じはずなのにどうしてこういったことが起こるのでしょうか。

若者は優先順位を下げられがち?副業をして見返そう!

若い人たちの優先順位は低い傾向にあると思います。

今回の新型コロナウイルスのワクチン接種も若い人たちの接種は無し、または遅いです。

これは年配の方のほうが重症化しやすいという話なのですが、日本以外の国では対応が異なることもあります。

まずは30代、40代のバリバリ仕事をしている人たちから接種を始めて次に若い人たち、最後に年配の方という国もあるそうです。

日本では若者は辛抱するという文化があるのも影響しているのではないかと個人的には思ってしまいます。

若いうちは買ってでも苦労をしたほうが良いという言葉もありますが、個人的には買ってまで苦労はしなくて良い、むしろ苦労はない方がいいと思っています。

そんな若者には見返すチャンスがあります。

それが副業です。

副業をして稼げるようになれば仕事をバリバリしている30代、40代の収入以上に稼ぐこともできます。

若い人たちが大人たちを見返す一つの手段として副業に挑戦するのが良いと思います。

今ではスマホを使って作業ができる副業もたくさんあるので是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

お勧めの副業については下記にまとめていますのでチェックしてみてください。

 

 

 

 

-トレンドNEWS, 政治
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 副業with Powered by AFFINGER5