トレンドNEWS 国内

ワクチンの前倒しについては一般高齢者は6カ月間隔で64歳以下は7カ月間隔での接種を進める方針

2022年1月13日

 

ワクチン接種について!一般高齢者は6カ月で64歳以下は7カ月と接種間隔を変更!

新型コロナウイルスの感染拡大によりワクチン接種の期間縮小を政府は検討していました。

世界的にも接種の感覚を早めている傾向があるため日本でも前倒しでの接種が行われることになりました。

従来だと高齢者のワクチン接種の期間は7カ月ということですが、1カ月早めた6カ月と接種を短縮する方針を決めています。

また、64歳以下に関しては7カ月間隔での接種を行うとしています。

開始時期としては3月以降になります。

ワクチンの効力については様々な意見がありますが、一定期間が経過してしまうとワクチンの効力が下がるため今回の前倒しということに踏み切ったと思われます。

また世界的にオミクロン株が急速に流行していることから感染対策の一環として早めの接種方針に切り替えたのではないでしょうか。

今コロナがまたすごいスピードで拡大しています。

本日国内の新規感染者は1万5千人を超えるということで非常に速いスピードで感染者が増加しています。

このままのペースでいくと医療崩壊も懸念されているため出来るだけ早くワクチンを打ちたいという方も多いのではないでしょうか。

この騒動はいつまで続くのか、早急に感染が終息することを祈っています。

 

コロナによって何もかもが変わった!もう元のようには戻らない?

新型コロナウイルスの蔓延によって世界は大きく変わりました。

というよりは変わらざるを得ない状態になりました。

感染の恐れがある場所については閉鎖や縮小が行われ、ライブや人が集まるようなイベントは相次いで中止になりました。

こういった変化によって私たちの生活も激変しています。

一部の業界では仮にコロナが終息しても元のようには戻らないという見方もあります。

観光業などはすでに大きなダメージを受けていますが、コロナが終息しても以前のような活気を取り戻すことは難しいと思います。

また、こういった変化は働き方にも起こっています。

本業だけでなく副業をすることがリスクヘッジになると多くの人が気が付いているでしょう。

これによってさらに副業をする人は増えていくと思います。

時代の変化に応じて私たちのお金を稼ぐという考え方も変化してきています。

誰でも副業をする時代?これからは副業をしていない人の方が少数派になる?

将来的に副業というのは誰もがやるものになるのではないかと思っています。

副業はデメリットばかり見られていましたが、コロナをきっかけにその印象は大きく変わったでしょう。

副業はリスクヘッジの方法として非常に賢い選択だと思います。

自分の収入に上乗せしてお金を稼ぐことができれば単純にトータルの収入が増えるので今よりも良い暮らしができるようになります。

また、これから先の将来を考えると貯蓄を作っておきたい方も多いでしょう。

副業をして貯金を増やすのもお勧めです。

副業を少しでも考えている方は是非挑戦してみてください。

-トレンドNEWS, 国内
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 副業with Powered by AFFINGER5