トレンドNEWS

藤井聡太三冠と豊島将之竜王が互角の戦い 74手目を封じ手で1日目を終了

2021年11月12日

竜王戦七番勝負第4局 藤井聡太三冠対豊島将之竜王1日目が終了

11月12日竜王戦七番勝負第4局が始まりました。

藤井聡太三冠と豊島将之竜王の戦いは74手目を封じ手として1日目の戦いが終了しました。

接戦が繰り広げられていますが、1日目終了時点で藤井聡太三冠は持ち時間約20分リードしています。

ところで将棋をあまり知らないという人の中には封じ手が何なのか分からないという方もいるでしょう。

将棋における封じ手というのは次の手をあらかじめ決めておくという方法です。

こちらは次の手を紙などに書いて第三者に渡します。これによって不利が発生しないようにするための方法が封じ手です。

将棋では1日で勝負がつかない事が多いのでこのような方法を使います。

今回の竜王戦七番勝負第4局はどういった結果になるのでしょうか。

現在藤井聡太三冠は挑戦者として3連覇しておりこの局がどうなるか非常に注目です。

ちなみに今回の局に藤井聡太三冠が勝利すると羽生善治九段の最年少四巻記録となる22歳9か月を大きく上回る19歳と3カ月で奪取することになります。

数々の最年少記録を塗り替えている藤井聡太三冠という事もメディアや将棋俯瞰も期待しているのではないでしょうか。

藤井聡太三冠の登場によって将棋界の知名度は徐々に上がっていますが、海外でも将棋というものは人気です。

似たようなゲームとしてチェスがあるので親しみやすいという事もあるのではないでしょうか。

また、将棋を教えるという事を副業的な感覚でやっている方もいるので将棋教室のアルバイトくらいは出来そうですよね。

プロの棋士も結構副業している?プロの世界はどこも厳しい?!

スポーツでは日本代表やオリンピックに出るような選手であれば必要は無いですが、多くのプロは副業をしています。

本業はスポーツ選手として活動していますが、それだけでは収入が足りずに副業をして生活しているという方は結構います。

副業をして生活しているというお笑い芸人さんのイメージがありますが、スポーツやプロの棋士にも副業している方はいます。

今ではスマホやパソコンを使って副業ができるので非常にやり易いと思います。

皆さん本業となるものがあるので副業として行うのは手軽にできるものや負担が少ないものを選んでいる方も多いですが、一方で収入のため大変な作業をしている方もいるでしょう。

個人的には納期が無いものや作業時間の少ないビジネスを副業にするのが良いと思います。

あとは自分にとってストレスでは無いもの、正確に合っているビジネスを選ぶことで無理なく稼げるのではないでしょうか。

副業のテクニックや注意点などについてはこのサイトでまとめていますのでそちらをご覧ください。

お勧めの副業も紹介しているのでよろしければチェックしてみてください。

-トレンドNEWS
-, , , , , , , ,

© 2022 副業with Powered by AFFINGER5